「王家の遺伝子」石浦章一著

公開日: 更新日:

 王家の遺骨から抽出したDNAの解析で明らかになった、歴史とは異なる史実を明らかにするサイエンスエッセー。

 シェークスピア作品で醜悪な悪役として描かれる「リチャード3世」。2012年、500年以上行方が分からなくなっていたリチャード3世の遺骨が発見された。その遺骨が本人のものと特定されたのは、彼の姉・アンの末裔とミトコンドリアDNAが一致したからだ。ミトコンドリアDNAは母親のものがすべての子どもに伝わるゆえに、アンの女系親族をたどって調べたという。

 さらに父親から息子に伝わるY染色体をたどると、英王室の意外な真実も浮かび上がる。他にもエジプトのツタンカーメンの母親の正体に迫るなど、科学の力で歴史の謎に挑む。 (講談社 1000円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑子と和久田 NHK朝夜メインキャスター異例トレードの成果

  2. 2

    与野党の医師議員が“アベノマスクの乱” 政権の愚策に決起

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  5. 5

    高嶋哲夫氏「首都感染」は予言の書ではなく予測できたこと

  6. 6

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  7. 7

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  8. 8

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

もっと見る