「漱石と鉄道」牧村健一郎著

公開日: 更新日:

 夏目漱石は、20世紀の文明を代表する汽車を、何百人もの人間を同じ箱に詰めて運搬し、個人の個性を踏みつけようとする、といい、「あぶない、あぶない、気を付けねばあぶないと思う」と、作品の中に繰り返し書いている。そのくせ、「三四郎」が列車の中の場面から始まるように、作品の出だしやエンディングで、鉄道に大きな役割を与えている。

 鉄道が漱石の空間認識を変化させ、時間軸の揺らぎを呼び起こし、漱石の思索を多様化させ、深化させたのだ。福岡から上京する車内で、三四郎はさまざまな人と出会い、未知の世界に踏み出していくのである。

 鉄道を舞台にしたさまざまな作品や書簡から、漱石の近代化に対する視点を読み解く。

(朝日新聞出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    スガ政策はスカスカだ 国会で野党が追及すべき3つの問題

もっと見る

人気キーワード