「日本の医療の不都合な真実」森田洋之著

公開日: 更新日:

 コロナ禍を通して見えてきた日本の医療が抱える「本質的な問題」について解説する警世の書。

 日本を含む東アジア諸国の死亡率が欧米の100分の1しかないという事実に注目。一方で、日本は人口あたり世界一の病床数を誇るのに、コロナ対策として使用できたのは2%にも満たなかった(2020年7月10日時点)。そうした事実から一般病棟として稼働している病床を、即座に緊急事態に対応できる病室にするシステムをつくっておく重要性を説く。

 また日本の15倍もの死者が出たが医療体制に余裕があったドイツを例に、最強の戦力を保持しながらそれらを適正に配置する指揮命令系統を失った状態の日本の医療の現実を指摘するなど。

 日本人の医療への誤解を解きながら、問題点を洗い出す。

(幻冬舎 840円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  5. 5

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  6. 6

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  10. 10

    渋野日向子のスイング改造は不安材料ばかり(菅野徳雄)

もっと見る

人気キーワード