「漢文で知る中国」加藤徹著

公開日: 更新日:

 前漢末に丞相を務めていた丙吉(へいきつ)は、部下を連れて出掛けたとき、都の大通りで喧嘩があり、死者やけが人が道に倒れているのを見たが、そのまま通り過ぎた。次に牛が舌を出してあえいでいるのを見て、牛の飼い主にどれほど歩いてきたのか尋ねたので、部下は、人より牛の方が大事なのかとあきれた。

 すると丙吉は、こう言った。傷害事件の処理は治安担当者の仕事で、丞相の仕事ではない。だが、まだ暑くないのに牛があえいでいるのは、異常気象の兆候かもしれない。天地の陰陽の気を調和するのは私の仕事だ、と。(「丙吉、牛を問う」)

 ほかに「白雲、尽くる時なし」など、使ってみたい含蓄に富んだ中国の名言集。

(NHK出版 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

もっと見る

人気キーワード