「感情を“毒”にしないコツ」大平哲也著

公開日: 更新日:

 心の状態と生活習慣病全般は密接に関係しているという。「感情」が心だけでなく体の病気も招いているというのだ。

 本書は、病気にならないために、「負の感情」に振り回されず、感情とうまく付き合う方法を説いた健康指南書。

 怒りによる興奮が血圧を上げることは、多くの人が何となく感じている。感情をつかさどるのは脳の扁桃体という場所で、ある研究によると、扁桃体の活性化は動脈硬化の原因となる炎症反応とも関係しているという。

 扁桃体の活性が高い人は、慢性的に血管に負担をかけ、将来、循環器疾患を起こしやすいのだ。感情が動くのは、決して悪いことではなく、問題はため込むことだという。

 そのために必要な感情のガス抜きの大切さと、笑いの効果を説く。

(青春出版社 950円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

  5. 5

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  6. 6

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  7. 7

    英中部 絶壁の縁にテント張り「脳死状態」と罵られた家族

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    遠征先で無断外泊先から球場入り…それでも石井は好投した

もっと見る

人気キーワード