「ふたたびの春に」和合亮一著

公開日: 更新日:

「放射能が降っています、静かな夜です」

 著者は、東日本大震災の被災直後から、こうした作品をツイッターで発信し続けた福島県在住の詩人。本書は、氏があの3月11日からの1年間を詩で記録した作品集。

「こうしているあいだにも 死者が発見されている」と始まる被災2日後の避難所で記した作品から、水道が復旧して10日ぶりの入浴を詩にした「入浴」など、時系列に自らが体験し、感じ取った目と心の記録をうたう。後半は、「離郷」と題し「悲しくて涙が止まらない 止めどなく 頬を伝う一筋に ふるさとがあることを知った もうもどれないのだろうか」と故郷への思いを描くなど、取材した多くの被災者や、被災して傷ついている人々へ手紙を書くようにしてつづった詩を収録。

(祥伝社 750円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る

人気キーワード