「東電被曝 二〇二〇・黙示録」小笠原和彦著

公開日: 更新日:

 2011年3月、東電福島原発の事故により、千葉県の東葛地域が放射性物質で汚染された。甲状腺がんの子どもは2013年には74人だったのが、4年間で190人に増加。汚染された飯舘村では男児の出生率が極端に低下し、女児36人に対し、男児は18人しか生まれていない。チェルノブイリ事故以後、北半球では男児の出生数が100万人減少した。

 福島ではエコー検査で奇形が見つかり、妊婦が中絶させられている。2019年、福島県内で、放射能は怖くないと言った甲状腺がんの権威、山下俊一長崎大教授が、経産省の官僚らには深刻なレベルに達する可能性があると説いたことを、東京新聞がすっぱ抜いた。

 被曝による健康被害の恐ろしさをリポート。

(風媒社 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  6. 6

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  7. 7

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

  8. 8

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  9. 9

    転落に巻き添えで女子大生死亡…遺族は補償を受けられるか

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る

人気キーワード