「うたの動物記」小池光著

公開日: 更新日:

 先人たちの詩歌に登場する動物をテーマにしたエッセー集。トップバッターは「馬」。動力機械が登場するまで、馬は最速最高の移動手段で、人類が享受した恩恵は計り知れない。なのに、「馬耳東風」や「馬の骨」など馬にまつわる造語に蔑みの目で見るようなものが多いのはなぜか。

 複雑な人間心理に目を向けながら、斎藤茂吉の「税務署へ届けに行かむ道すがら馬に逢ひたりあゝ馬のかほ」を紹介。税金を払うのは義務とはいえ愉快なことではなく、路上の使役の馬の、のほほんとした馬面を見るとさらに不快感が増幅するという心理を歌ったものだという。

 ほか、ゴキブリやナメクジなどの嫌われ者からパンダまで、多種多様な生き物たちを歌った詩歌を、その生態や歴史にも触れながら鑑賞する。 

(朝日新聞出版 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る

人気キーワード