「ぜにざむらい」吉川永青著

公開日: 更新日:

 若狭国太良荘城主、岡盛俊の嫡子、7歳の源八は父が戦死したとの報を受け、若江藤右衛門に背負われて城から脱出した。だが、追っ手をかわすために藤右衛門と離ればなれになり、百姓に脇差しまで奪われて必死で小浜の港にたどり着く。

 飢えに苦しむ源八に食べものを与えてくれたのは商人の久次だった。久次は「世の中は銭の力で動いとるんや。銭がねえと何もできん」と教える。源八は生き延びるために山で獣を狩ろうと考える。木の枝で弓を作り、死闘の末にイノシシを仕留めて久次に買ってもらおうとする。だが、山から引きずっていったため毛皮も肉もぐずぐずで売り物にならない――。

 現代のような経済感覚を武器に、戦国時代を生き抜いた武士を描く。

(朝日新聞出版 2145円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る

人気キーワード