「渡世人伊三郎 上州無情旅」黒崎裕一郎著

公開日: 更新日:

 甲州都留郡犬目村の百姓総代の次男・清吉が19歳の時、大凶作に見舞われた。年貢軽減が受け入れられなかった父は、近所の村の総代と一揆を企むが、密告で一族全員が殺されてしまう。1人生き残り、家族のあだを晴らした清吉は、以来、伊三郎と名乗り、無宿の渡世人暮らしをしている。

 天保8年晩秋、下仁田街道を東に向かって進んでいた伊三郎は、弥吉と名乗る男から声をかけられる。背中の刺青を見て噂に聞く伊三郎だと気がついたという。

 伊三郎は前夜、一ノ宮宿で弥吉を捜す浪人たちを見かけていた。弥吉から旅の道連れになってほしいと頼まれた伊三郎だが、面倒にかかわりたくないと断る。しかし、弥吉はつかず離れず伊三郎についてくる。

 時代小説の新シリーズの開幕。

(祥伝社 770円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  5. 5

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  6. 6

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  8. 8

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  9. 9

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る

人気キーワード