「鬼を待つ」あさのあつこ著

公開日: 更新日:

 2カ月前、飲み屋で起きた喧嘩で、丸太で殴られた男は額から血を噴き出し倒れ、殴った男はその場から逃走。殴られた男の命に別条はなかったが、逃げた職人の菊八は翌朝、首を吊って死ぬ。殺したと早合点したらしい。

 殴られた大工の棟梁・慶五郎は自分にも非があったと、残された菊八の女房と息子への支援を申し出る。岡っ引きの伊佐治は、意外な成り行きに安堵するが、北町奉行所同心の信次郎はまだ事件は解決したとは思っていないようだ。信次郎の指示で伊佐治は、慶五郎と菊八の妻おはまの監視を続ける。

 同じころ、小間物問屋・遠野屋の主・清之介は、豪商八代屋の主人・太右衛門からある提案を持ちかけられる。

 人気時代小説「弥勒」シリーズ第9弾。

(光文社 700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  2. 2

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  6. 6

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  7. 7

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  8. 8

    朝乃山の“ダメ師匠”元大関朝潮 自身も飲み歩き「退職」

  9. 9

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  10. 10

    西島秀俊がキムタクを超え!シェフを演じさせたらピカイチ

もっと見る

人気キーワード