北上次郎
著者のコラム一覧
北上次郎評論家

1946年、東京都生まれ。明治大学文学部卒。本名は目黒考二。76年、椎名誠を編集長に「本の雑誌」を創刊。ペンネームの北上次郎名で「冒険小説論―近代ヒーロー像100年の変遷」など著作多数。本紙でも「北上次郎のこれが面白極上本だ!」を好評連載中。趣味は競馬。

「高瀬庄左衛門御留書」砂原浩太朗著

公開日: 更新日:

 読み始めたら、やめられない時代小説の傑作である。まず、中身の前に外側からいく。装丁がいいのだ。静かな雰囲気がゆっくりと立ち上がってくる装丁といっていい。読み終えて本を閉じると、このカバーをなでたくなるほど情感を伝えてくる。

 中身も素晴らしい。一見、静かだ。隠居間近の男が主人公である。妻を亡くし、息子を事故で亡くし、趣味の絵を描くだけの日々だ。暮らしも豊かではない。息子の職禄と合わせても50石相当の身代で、さらに半ばは藩に借り上げられている。絵に色をつけたくても高価なものは買えないので墨一色にしているほど。そういう男の日々が描かれるわけだから、静かな物語になるのは当然だろう。

 回想がどんどん挿入されていく。庄左衛門の息子・啓一郎は、藩校の将来の総帥を決める試験に次席で敗退。結局は、領内を歩き回って収穫を調べる仕事についた。親子揃っての郡方づとめである。そして事故死。庄左衛門も若き日に、道場の後継者を決める争いに負けた人間だから、笑顔を見せない息子の悔しさが理解できるのだが、その息子にもう語りかける術もない。

 そういう静かな老後の日々がずっと続くのかと思っていると、いつの間にか不穏な空気が満ちてきて、激しい物語に転化する。この静から動への変化が素晴らしい。脇役たちの造形が見事であることも付け加えておく。年初早々の傑作だ。

(講談社 1700円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る

人気キーワード