「値段がわかれば社会がわかる」徳田賢二著

公開日: 更新日:

 世の中は「値段」が動くことで「経済のしくみ」が動き出す。キープレーヤーの「値段」に注目して、中高生向けに経済学の初歩を講義する入門書。

 価格の異なる弁当が並んでいたら、どれを買うか。そうした身近な例を挙げながら、私たちの生活は値段を手掛かりに買うという行動から切り離すことができないこと、そして値段は品質のバロメーターであることを説く。

 一方の店側はデータをもとに、各品目について、どのくらい値段を上げると買う数量が減り、下げると増えるかはっきりと予測ができるという。

 こうした値段の意義や役割を解説した上で、生産者と値段の関係に始まり、市場価格、小売店の戦略、そして消費者の購買行動と値段の関係まで。日々の暮らしに即して経済のメカニズムを学ぶ。

(筑摩書房 902円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  2. 2

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  3. 3

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  4. 4

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  5. 5

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  6. 6

    静岡放送社長とW不倫疑惑 “看板女子アナ”のお騒がせぶり

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  9. 9

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  10. 10

    今期ドラマは豊作と話題 TBSがやっぱりダントツに面白い

もっと見る

人気キーワード