パニック障害で女優生命の危機だった田中美里

公開日: 更新日:

<2000年12月>

 97年のNHK連続テレビ小説「あぐり」で主役のあぐり役を演じた田中美里。その後も順調にキャリアを重ねていたが、2000年12月、23歳でパニック障害を発症し、芸能活動を3カ月間休止、一時は女優生命の危機まで噂された。

 田中が体調の変化を感じたのは2000年春、NHK時代劇「一絃の琴」の収録を行っていたころだった。従来の演出とはガラリとイメージが違う演技を要求され、セリフが出ない、動けないという状況に陥ってしまった。この時は周囲のフォローもあり、何とか乗り切ったが、体調不良は確実に進行していた。

 7階のスタジオに入る田中はエレベーターを使わず階段を上っていた。当初、健康のためかと思っていたマネジャーが話を聞いてみると、狭い空間に他人と一緒にいると動悸(どうき)を感じたり、心拍数が異常に高くなったりするため、エレベーターに乗れないと告白した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る