パニック障害で女優生命の危機だった田中美里

公開日: 更新日:

<2000年12月>

 97年のNHK連続テレビ小説「あぐり」で主役のあぐり役を演じた田中美里。その後も順調にキャリアを重ねていたが、2000年12月、23歳でパニック障害を発症し、芸能活動を3カ月間休止、一時は女優生命の危機まで噂された。

 田中が体調の変化を感じたのは2000年春、NHK時代劇「一絃の琴」の収録を行っていたころだった。従来の演出とはガラリとイメージが違う演技を要求され、セリフが出ない、動けないという状況に陥ってしまった。この時は周囲のフォローもあり、何とか乗り切ったが、体調不良は確実に進行していた。

 7階のスタジオに入る田中はエレベーターを使わず階段を上っていた。当初、健康のためかと思っていたマネジャーが話を聞いてみると、狭い空間に他人と一緒にいると動悸(どうき)を感じたり、心拍数が異常に高くなったりするため、エレベーターに乗れないと告白した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  8. 8

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る