パニック障害で女優生命の危機だった田中美里

公開日: 更新日:

<2000年12月>

 97年のNHK連続テレビ小説「あぐり」で主役のあぐり役を演じた田中美里。その後も順調にキャリアを重ねていたが、2000年12月、23歳でパニック障害を発症し、芸能活動を3カ月間休止、一時は女優生命の危機まで噂された。

 田中が体調の変化を感じたのは2000年春、NHK時代劇「一絃の琴」の収録を行っていたころだった。従来の演出とはガラリとイメージが違う演技を要求され、セリフが出ない、動けないという状況に陥ってしまった。この時は周囲のフォローもあり、何とか乗り切ったが、体調不良は確実に進行していた。

 7階のスタジオに入る田中はエレベーターを使わず階段を上っていた。当初、健康のためかと思っていたマネジャーが話を聞いてみると、狭い空間に他人と一緒にいると動悸(どうき)を感じたり、心拍数が異常に高くなったりするため、エレベーターに乗れないと告白した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る