ドロ沼から一転、都倉俊一とアッサリ離婚した大信田礼子

公開日: 更新日:

<1978年1月>

 1月14日、作曲家の都倉俊一(当時29)は渋谷区役所広尾支所を訪れて離婚届を提出した。妻の大信田礼子(同29)が家を出て3カ月半。離婚に向けた話し合いはドロ沼化する様相だったが、前日あっさり決着。2人は離婚届に署名捺印した。

 73年、都倉が作曲した「同棲時代」を大信田が歌い、2人は急接近。噂が出た時、宣伝用のロマンスとみる向きもあったが、恋を成就させ、同年8月、婚約を発表した。

 結婚式は74年1月、都倉の父が大使を務めるハンガリーのブダペストで行われた。レセプションには各国の大使や政府高官が数多く列席。感激で目を腫らした大信田は一人一人に覚えたてのドイツ語で、「ダンケ・シェーン(ありがとう)」と挨拶した。

 実は大信田が結婚を意識した相手は都倉が最初ではない。69年1月、阪神タイガース在籍の江夏豊投手と婚約。大信田の大ファンだった江夏が猛アタックしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    「いっちょうけんめいやります」誕生秘話…二つ目昇進時に

もっと見る