ドロ沼から一転、都倉俊一とアッサリ離婚した大信田礼子

公開日: 更新日:

<1978年1月>

 1月14日、作曲家の都倉俊一(当時29)は渋谷区役所広尾支所を訪れて離婚届を提出した。妻の大信田礼子(同29)が家を出て3カ月半。離婚に向けた話し合いはドロ沼化する様相だったが、前日あっさり決着。2人は離婚届に署名捺印した。

 73年、都倉が作曲した「同棲時代」を大信田が歌い、2人は急接近。噂が出た時、宣伝用のロマンスとみる向きもあったが、恋を成就させ、同年8月、婚約を発表した。

 結婚式は74年1月、都倉の父が大使を務めるハンガリーのブダペストで行われた。レセプションには各国の大使や政府高官が数多く列席。感激で目を腫らした大信田は一人一人に覚えたてのドイツ語で、「ダンケ・シェーン(ありがとう)」と挨拶した。

 実は大信田が結婚を意識した相手は都倉が最初ではない。69年1月、阪神タイガース在籍の江夏豊投手と婚約。大信田の大ファンだった江夏が猛アタックしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る