ドロ沼から一転、都倉俊一とアッサリ離婚した大信田礼子

公開日:  更新日:

<1978年1月>

 1月14日、作曲家の都倉俊一(当時29)は渋谷区役所広尾支所を訪れて離婚届を提出した。妻の大信田礼子(同29)が家を出て3カ月半。離婚に向けた話し合いはドロ沼化する様相だったが、前日あっさり決着。2人は離婚届に署名捺印した。

 73年、都倉が作曲した「同棲時代」を大信田が歌い、2人は急接近。噂が出た時、宣伝用のロマンスとみる向きもあったが、恋を成就させ、同年8月、婚約を発表した。

 結婚式は74年1月、都倉の父が大使を務めるハンガリーのブダペストで行われた。レセプションには各国の大使や政府高官が数多く列席。感激で目を腫らした大信田は一人一人に覚えたてのドイツ語で、「ダンケ・シェーン(ありがとう)」と挨拶した。

 実は大信田が結婚を意識した相手は都倉が最初ではない。69年1月、阪神タイガース在籍の江夏豊投手と婚約。大信田の大ファンだった江夏が猛アタックしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る