ドロ沼から一転、都倉俊一とアッサリ離婚した大信田礼子

公開日: 更新日:

<1978年1月>

 1月14日、作曲家の都倉俊一(当時29)は渋谷区役所広尾支所を訪れて離婚届を提出した。妻の大信田礼子(同29)が家を出て3カ月半。離婚に向けた話し合いはドロ沼化する様相だったが、前日あっさり決着。2人は離婚届に署名捺印した。

 73年、都倉が作曲した「同棲時代」を大信田が歌い、2人は急接近。噂が出た時、宣伝用のロマンスとみる向きもあったが、恋を成就させ、同年8月、婚約を発表した。

 結婚式は74年1月、都倉の父が大使を務めるハンガリーのブダペストで行われた。レセプションには各国の大使や政府高官が数多く列席。感激で目を腫らした大信田は一人一人に覚えたてのドイツ語で、「ダンケ・シェーン(ありがとう)」と挨拶した。

 実は大信田が結婚を意識した相手は都倉が最初ではない。69年1月、阪神タイガース在籍の江夏豊投手と婚約。大信田の大ファンだった江夏が猛アタックしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る