ドロ沼から一転、都倉俊一とアッサリ離婚した大信田礼子

公開日:  更新日:

<1978年1月>

 1月14日、作曲家の都倉俊一(当時29)は渋谷区役所広尾支所を訪れて離婚届を提出した。妻の大信田礼子(同29)が家を出て3カ月半。離婚に向けた話し合いはドロ沼化する様相だったが、前日あっさり決着。2人は離婚届に署名捺印した。

 73年、都倉が作曲した「同棲時代」を大信田が歌い、2人は急接近。噂が出た時、宣伝用のロマンスとみる向きもあったが、恋を成就させ、同年8月、婚約を発表した。

 結婚式は74年1月、都倉の父が大使を務めるハンガリーのブダペストで行われた。レセプションには各国の大使や政府高官が数多く列席。感激で目を腫らした大信田は一人一人に覚えたてのドイツ語で、「ダンケ・シェーン(ありがとう)」と挨拶した。

 実は大信田が結婚を意識した相手は都倉が最初ではない。69年1月、阪神タイガース在籍の江夏豊投手と婚約。大信田の大ファンだった江夏が猛アタックしたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る