• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

がんに立ち向かい51歳の若さで逝った川口浩隊長

<1987年11月>

 11月17日午後6時39分、心電図が真っすぐの線になった。壮絶な闘病を続けていた川口浩の命がついに力尽きた。享年51。「川口浩探検隊」(テレビ朝日)で絶大な人気を誇った隊長のあまりに早すぎる死だった。

 7月末ごろから川口は「食べ物が喉を通りにくい」と違和感を訴えるようになっていた。検査を受けると食道がんと診断され9月7日、東京女子医大に入院した。

 2年前にも川口は胃がんの手術を受けていた。胃の5分の3を切除し生還。その後は定期検診を受けるようになった。4月の検診時には何も発見されなかった。その5カ月後、食道がんを見つけた担当医が夫人の野添ひとみに「普通の人なら1年半ぐらいかかるところを1カ月ぐらいでがんが育ってしまう異常体質」と説明した。

 母で女優の三益愛子は膵臓(すいぞう)がんで82年に亡くなった。父で作家の川口松太郎も85年に亡くなるまでに食道がんの手術を2度受けていた。典型的な“がん家系”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る