がんに立ち向かい51歳の若さで逝った川口浩隊長

公開日:  更新日:

<1987年11月>

 11月17日午後6時39分、心電図が真っすぐの線になった。壮絶な闘病を続けていた川口浩の命がついに力尽きた。享年51。「川口浩探検隊」(テレビ朝日)で絶大な人気を誇った隊長のあまりに早すぎる死だった。

 7月末ごろから川口は「食べ物が喉を通りにくい」と違和感を訴えるようになっていた。検査を受けると食道がんと診断され9月7日、東京女子医大に入院した。

 2年前にも川口は胃がんの手術を受けていた。胃の5分の3を切除し生還。その後は定期検診を受けるようになった。4月の検診時には何も発見されなかった。その5カ月後、食道がんを見つけた担当医が夫人の野添ひとみに「普通の人なら1年半ぐらいかかるところを1カ月ぐらいでがんが育ってしまう異常体質」と説明した。

 母で女優の三益愛子は膵臓(すいぞう)がんで82年に亡くなった。父で作家の川口松太郎も85年に亡くなるまでに食道がんの手術を2度受けていた。典型的な“がん家系”だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る