V6坂本昌行が四十路で初のギックリ腰…この先、歌って踊れるのか?

公開日:  更新日:

 アイドルグループV6の坂本昌行(42)が舞台の稽古中にギックリ腰になったそうだ。ダブル主演する少年隊の東山紀之(47)が30日の公開稽古で暴露した。

 坂本は「初めての経験だったんですけど、あの瞬間、ピタッて止まるんですね」「日頃の鍛錬がなかったんでしょうね」と反省しきり。

 もう42歳とはいえ、一応アイドルだ。ギックリ腰は似合わない。ファンもガッカリだろうが、この先、激しく歌って踊っていけるのか。

 ギックリ腰は繰り返す人が多い。しばらく大事を取って踊りも控えて、となりそうだが、ギックリ腰を起こした時は、むしろ安静状態を長く続けない方がいいそうだ。

 日本体育協会公認アスレチックトレーナーの稲川敏弘氏が言う。

「直後は患部を冷やして安静にしなくてはなりませんが、それを続けると血流が悪くなり、疲労物質が代謝されにくくなり、別の痛みが生じます。筋力が落ち、腰を支えられなくなり、ギックリ腰を再発するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る