• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

V6坂本昌行が四十路で初のギックリ腰…この先、歌って踊れるのか?

 アイドルグループV6の坂本昌行(42)が舞台の稽古中にギックリ腰になったそうだ。ダブル主演する少年隊の東山紀之(47)が30日の公開稽古で暴露した。

 坂本は「初めての経験だったんですけど、あの瞬間、ピタッて止まるんですね」「日頃の鍛錬がなかったんでしょうね」と反省しきり。

 もう42歳とはいえ、一応アイドルだ。ギックリ腰は似合わない。ファンもガッカリだろうが、この先、激しく歌って踊っていけるのか。

 ギックリ腰は繰り返す人が多い。しばらく大事を取って踊りも控えて、となりそうだが、ギックリ腰を起こした時は、むしろ安静状態を長く続けない方がいいそうだ。

 日本体育協会公認アスレチックトレーナーの稲川敏弘氏が言う。

「直後は患部を冷やして安静にしなくてはなりませんが、それを続けると血流が悪くなり、疲労物質が代謝されにくくなり、別の痛みが生じます。筋力が落ち、腰を支えられなくなり、ギックリ腰を再発するのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る