映画「清須会議」に評論家「大河より見応え」と論じる理由

公開日: 更新日:

 歴史好きを公言する三谷幸喜監督(52)が、満を持して取り組んだ時代劇ムービー「清須会議」。例によって自らPRマシンと化し、新聞に雑誌にテレビにと出まくっていたが、実入りは期待できないようで……。

「公開から2週連続首位をキープしていますが、興行収入は最終で30億円いくかどうか。60億円を超えた『THE 有頂天ホテル』(06年)の半分程度でやや物足りない結果になりそうです」(興行関係者)

 もっとも、ニーズの限られた時代劇である。観客は「若者より中高年層が目立ち、シニア料金の客も少なくない。決して客の入りが悪いというわけではない」(前出の興行関係者)という。

 三谷監督が執筆した同名小説の映画化。ただでさえ強烈な個性を放つ監督で、アレルギーを感じる人にとってはハードルが高いが、「三谷ファンならずとも楽しめる“お笑い時代劇”。大衆向けのテイストに仕上がっていて、集大成ともいえる作品です」と太鼓判を押すのは、映画批評家の前田有一氏だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  10. 10

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

もっと見る