「今世紀最低視聴率」川口春奈を救った堂本剛の“一言”

公開日: 更新日:

 自分は奔放で自由でいいのだと自身を認めたという。

 ホラー映画「絶叫学級」(13年6月公開)で主演、また公開中の「謝罪の王様」で清純派女優役、「マダム・マーマレードの異常な謎」で主演を務めるなど、映画でも大活躍だ。「それなのに」とファンはやきもきしているだろう。

 今回のドラマ打ち切りは、川口の活躍に暗い影を落とさないとテレビ関係者は語る。
「視聴率低迷の要因のひとつは高視聴率を記録するテレ朝系『ドクターX~外科医・大門未知子~』が同時間帯にあること。さらに2人のカラダが入れ替わるという設定は映画『転校生』をはじめ、ドラマ『パパとムスメの7日間』『山田くんと7人の魔女』など数多い。また『妻が夫の愛人だと誤解した』だけという設定も実に弱い。中途半端なドタバタ劇のようなストーリーが幼稚」と、ドラマそのものをバッサリ切った。

 挫折も人を成長させる。大きな辛苦をなめてから、さらに飛躍した先輩諸氏も少なくない。これからが館張り時だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  10. 10

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る