日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

歌も演技もヘタでいい? 芸能界に「壇蜜」という新ジャンル

「今日はスタイリストさん、マネジャーさん、うちの専務とプレゼント交換をする予定になってます」

 24日のクリスマスイブ。アニメ「ごはんかいじゅうパップ」コラボ発表会見に登場した壇蜜(33)は、クリスマスの予定を聞かれてため息交じりに答えた。このアニメでは声優と挿入歌を担当。歌といえば、4日に生放送された「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)で谷村新司(65)とのデュエットで披露した生歌が「放送事故だ」と話題になった。本人も傷が深いのか、「今回の歌は合いの手程度。科学の力で何とかしてもらいました。『FNS歌謡祭』では深手を負ったので、みなさんの心遣いが傷口にしみました」とつぶやいた。

「消えるのも時間の問題」といわれながら、本業のグラビア以外にタレント、女優、コラムニストなどいろいろな顔を見せている。露出は増え続け、CMは今年だけで6本に。ドラマ「半沢直樹」(TBS系)では社長の愛人役を演じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事