やしきたかじん「酒とバラの人生」 北新地豪遊伝説の真相

公開日: 更新日:

■所有馬に持ち歌の名前

 大好きだった競馬にもどっぷりとのめり込んだ。関係者がこう振り返る。

「ひと頃はスポーツ紙で予想もしていたほどの馬好き。JRAの馬主登録もしていて、多い時で10頭ほど所有していました。持ち歌と同じ名前の『イチズ』という馬も所有していましたが、高い金を出して買ったにもかかわらず、ほとんど活躍しませんでした。阪神競馬場にはよく彼女やホステスを連れて来ていましたが、午前中だけで500万円ほど負けることもしばしば。競馬に投じた金は億単位でしょう」

 自身が司会の番組の記者会見では、取材陣にまで高級ワインを振る舞ったこともある浪速のダテ男。北新地や祇園は涙酒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る