• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラッシュ/プライドと友情 ロン・ハワード監督

 熟年世代は忘れかけていた熱いハートを思い出し、当時を知らない若者はこんな時代があったのかと目を丸くする――。舞台は1976年のF1世界選手権。2人の天才ドライバー、ジェームス・ハントとニキ・ラウダの熾烈(しれつ)を極めたバトルとクラッシュを再現した本作への反応だ。ロン・ハワード監督(59)に聞いた。

――そもそもなぜ今、F1だったのですか?

「奔放でプレーボーイでもあるハントと、走るコンピューターと呼ばれたラウダという対照的なキャラクターの魅力、そのライバル関係が生み出すドラマ、サーキットの光景がとても映画向きで、絶対に面白くなると確信があったからです。私はF1に詳しかったわけではないのですが、調べるにつれ、宇宙開発にも匹敵し得るテクノロジーと鍛え上げた肉体、危険を承知で極限に挑む精神の融合した魅力にのめり込み、なぜ多くの人々が魅了されるのかを知った。当時のF1がどういうものだったか、リアルに描きたいと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る