• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラッシュ/プライドと友情 ロン・ハワード監督

 熟年世代は忘れかけていた熱いハートを思い出し、当時を知らない若者はこんな時代があったのかと目を丸くする――。舞台は1976年のF1世界選手権。2人の天才ドライバー、ジェームス・ハントとニキ・ラウダの熾烈(しれつ)を極めたバトルとクラッシュを再現した本作への反応だ。ロン・ハワード監督(59)に聞いた。

――そもそもなぜ今、F1だったのですか?

「奔放でプレーボーイでもあるハントと、走るコンピューターと呼ばれたラウダという対照的なキャラクターの魅力、そのライバル関係が生み出すドラマ、サーキットの光景がとても映画向きで、絶対に面白くなると確信があったからです。私はF1に詳しかったわけではないのですが、調べるにつれ、宇宙開発にも匹敵し得るテクノロジーと鍛え上げた肉体、危険を承知で極限に挑む精神の融合した魅力にのめり込み、なぜ多くの人々が魅了されるのかを知った。当時のF1がどういうものだったか、リアルに描きたいと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る