日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ラッシュ/プライドと友情 ロン・ハワード監督

 熟年世代は忘れかけていた熱いハートを思い出し、当時を知らない若者はこんな時代があったのかと目を丸くする――。舞台は1976年のF1世界選手権。2人の天才ドライバー、ジェームス・ハントとニキ・ラウダの熾烈(しれつ)を極めたバトルとクラッシュを再現した本作への反応だ。ロン・ハワード監督(59)に聞いた。

――そもそもなぜ今、F1だったのですか?

「奔放でプレーボーイでもあるハントと、走るコンピューターと呼ばれたラウダという対照的なキャラクターの魅力、そのライバル関係が生み出すドラマ、サーキットの光景がとても映画向きで、絶対に面白くなると確信があったからです。私はF1に詳しかったわけではないのですが、調べるにつれ、宇宙開発にも匹敵し得るテクノロジーと鍛え上げた肉体、危険を承知で極限に挑む精神の融合した魅力にのめり込み、なぜ多くの人々が魅了されるのかを知った。当時のF1がどういうものだったか、リアルに描きたいと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事