ラッシュ/プライドと友情 ロン・ハワード監督

公開日: 更新日:

 熟年世代は忘れかけていた熱いハートを思い出し、当時を知らない若者はこんな時代があったのかと目を丸くする――。舞台は1976年のF1世界選手権。2人の天才ドライバー、ジェームス・ハントとニキ・ラウダの熾烈(しれつ)を極めたバトルとクラッシュを再現した本作への反応だ。ロン・ハワード監督(59)に聞いた。

――そもそもなぜ今、F1だったのですか?

「奔放でプレーボーイでもあるハントと、走るコンピューターと呼ばれたラウダという対照的なキャラクターの魅力、そのライバル関係が生み出すドラマ、サーキットの光景がとても映画向きで、絶対に面白くなると確信があったからです。私はF1に詳しかったわけではないのですが、調べるにつれ、宇宙開発にも匹敵し得るテクノロジーと鍛え上げた肉体、危険を承知で極限に挑む精神の融合した魅力にのめり込み、なぜ多くの人々が魅了されるのかを知った。当時のF1がどういうものだったか、リアルに描きたいと思ったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    大原則 政治家も宗教家も「政教分離」意味を知らないのか

もっと見る