• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ジョバンニの島」原作脚本 杉田成道

 こうやって北方領土は侵攻され、家や土地を占拠されたのか――。ソ連軍から収容所送りにされ、やがて島を追われた住民の体験談をもとにした本作が評判だ。ドラマ「北の国から」などの演出家、杉田成道氏(70)の描く少年の物語である。

――そもそもなぜ、北方領土だったのですか。

「得能宏さんらから貴重な体験談を聞かせていただいたのが大きいですね。得能さんは今、根室に暮らし、80歳になられるのですが、とても克明に当時のことを記憶されていました。驚くとともに、私も樺太で当時の日本の小学校や収容所が吹きっさらしになっているところを目の当たりにして、この問題の実態に触れた気がしたんです。それで、これは世に伝えるべきだ、10年後も語り継がれる作品にしたい、と。実写を想定していたのですけれど、単なる戦争映画にしたくなかったこともあり、アニメになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

  10. 10

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

もっと見る