「ジョバンニの島」原作脚本 杉田成道

公開日: 更新日:

 こうやって北方領土は侵攻され、家や土地を占拠されたのか――。ソ連軍から収容所送りにされ、やがて島を追われた住民の体験談をもとにした本作が評判だ。ドラマ「北の国から」などの演出家、杉田成道氏(70)の描く少年の物語である。

――そもそもなぜ、北方領土だったのですか。

「得能宏さんらから貴重な体験談を聞かせていただいたのが大きいですね。得能さんは今、根室に暮らし、80歳になられるのですが、とても克明に当時のことを記憶されていました。驚くとともに、私も樺太で当時の日本の小学校や収容所が吹きっさらしになっているところを目の当たりにして、この問題の実態に触れた気がしたんです。それで、これは世に伝えるべきだ、10年後も語り継がれる作品にしたい、と。実写を想定していたのですけれど、単なる戦争映画にしたくなかったこともあり、アニメになりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  2. 2

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  3. 3

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  4. 4

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  5. 5

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  6. 6

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  7. 7

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  8. 8

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  9. 9

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る