「明日ママ」の音楽版 児童虐待ソング歌う文月メイの思い

公開日: 更新日:

 関連団体から放送中止を求められるも“完走”した。児童養護施設を舞台とした「明日、ママがいない」(日本テレビ系)が12日、最終回を迎えた。が、社会問題に斬り込むシンガーソングライターの文月メイ(27)の“闘い”はまだ始まったばかりだ。

<ぼくのことが邪魔なの? あのゴミ袋と一緒に捨てるの?>

 昨秋のデビュー曲「ママ」は実母から児童虐待を受け、命を奪われた男児の心情を描いた。恨みつらみではない、唯一無二の母親へ“無償の愛”を語りかける内容だ。

「曲をつくったのは2012年。目黒で母親が男の子をポリ袋に入れて放置したという児童虐待のニュースが流れて…ほかにも児童虐待の事件が毎日のように報じられた。なぜ、このようなことが起こるのだろうと、疑問にかきたてられたんです」

 目黒区の殺人未遂事件が心に大きなささくれをつくった。夢うつつだった朝方、サビのメロディーとフレーズが突然舞い降り、急いで書きとめたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    前夫の浮気に子育ての苦労…菊池桃子「再婚」までの凸凹道

  5. 5

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  6. 6

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  7. 7

    石川秀美が地元誌に語った薬丸との最先端“ハワイ別居”生活

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  10. 10

    原監督が大城ベタ褒めで G小林に課せられる“世界一の捕手”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る