日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「明日ママ」の音楽版 児童虐待ソング歌う文月メイの思い

 関連団体から放送中止を求められるも“完走”した。児童養護施設を舞台とした「明日、ママがいない」(日本テレビ系)が12日、最終回を迎えた。が、社会問題に斬り込むシンガーソングライターの文月メイ(27)の“闘い”はまだ始まったばかりだ。

<ぼくのことが邪魔なの? あのゴミ袋と一緒に捨てるの?>

 昨秋のデビュー曲「ママ」は実母から児童虐待を受け、命を奪われた男児の心情を描いた。恨みつらみではない、唯一無二の母親へ“無償の愛”を語りかける内容だ。

「曲をつくったのは2012年。目黒で母親が男の子をポリ袋に入れて放置したという児童虐待のニュースが流れて…ほかにも児童虐待の事件が毎日のように報じられた。なぜ、このようなことが起こるのだろうと、疑問にかきたてられたんです」

 目黒区の殺人未遂事件が心に大きなささくれをつくった。夢うつつだった朝方、サビのメロディーとフレーズが突然舞い降り、急いで書きとめたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事