3年前まで負債2500万円…326が見た大人たちの世界

公開日:  更新日:

 メッセージ付きのイラストで人気を博した326(36歳)。98年「326 ナカムラミツル作品集」を出版し、弱冠20歳で50万部を超えるヒット。バンダイが販売したキャラクターグッズは年商数億。99、00年とプロデュースしていたバンド19(ジューク)が紅白にも出場、同期のゆずとともに「ネオ・フォークブーム」を牽引した。それやこれやで売り上げは10億とも。ところが、そんな絶頂期が一番貧乏だった――。

■売上げ10億円でも月給10万円弱

 僕の人生の浮き沈みは、結構激しいんです。専門学校に入学した18歳から手描きポストカードを手売りして話題になって、福岡で僕のグッズも発売されたのがイラストレーターとしてのスタートでした。有名になったのはよかったんですが、アイツは金になるって思われ、怖いオジサンたちに囲われそうになったんですよ。借金取りみたいに「オイ! いるんだろ!」って追いかけられて居留守を使った。それで20歳で逃げるように上京し、さらに東京で所属した会社にダマされちゃったんですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る