• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年前まで負債2500万円…326が見た大人たちの世界

 メッセージ付きのイラストで人気を博した326(36歳)。98年「326 ナカムラミツル作品集」を出版し、弱冠20歳で50万部を超えるヒット。バンダイが販売したキャラクターグッズは年商数億。99、00年とプロデュースしていたバンド19(ジューク)が紅白にも出場、同期のゆずとともに「ネオ・フォークブーム」を牽引した。それやこれやで売り上げは10億とも。ところが、そんな絶頂期が一番貧乏だった――。

■売上げ10億円でも月給10万円弱

 僕の人生の浮き沈みは、結構激しいんです。専門学校に入学した18歳から手描きポストカードを手売りして話題になって、福岡で僕のグッズも発売されたのがイラストレーターとしてのスタートでした。有名になったのはよかったんですが、アイツは金になるって思われ、怖いオジサンたちに囲われそうになったんですよ。借金取りみたいに「オイ! いるんだろ!」って追いかけられて居留守を使った。それで20歳で逃げるように上京し、さらに東京で所属した会社にダマされちゃったんですよね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る