• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青春映画の巨匠・恩地日出夫監督は“遺作パート2”準備中

 60年代半ばから東宝で内藤洋子や酒井和歌子を主演に「あこがれ」「伊豆の踊子」「めぐりあい」などの青春映画を、瑞々(みずみず)しい感覚で撮って注目された恩地日出夫監督(81)。また、「独占!おとなの時間」(現テレビ東京系)の司会でも知られた。さて、今どうしているのか。

 会ったのは横浜駅前のホテルの喫茶室。ウ~ン、実にキマっている。かつてあった「恩地日出夫=カッコいい」というイメージ通りだ。

「10年くらい前(03年)に芥川賞作家の村田喜代子さんの『蕨野行』って小説を8年かけて映画化してね。姥(うば)捨て伝説がテーマなんだけど、読んだ瞬間、これはオレじゃなきゃ撮れないとピンときた。で、自分で製作費2億円を集め、渾身の力を込めて製作したんだ。幸い、出来栄えも良く、芸術選奨とか報知映画賞監督賞などの賞をいただき、オレとしてはこれを遺作にしようと思った。なのに、だ。あれから10年以上経ったにもかかわらず、相変わらずピンピンしてる。『蕨野行』に出た石橋蓮司から、“遺作のパート2はいつですか?”ってからかわれてるよ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る