• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青春映画の巨匠・恩地日出夫監督は“遺作パート2”準備中

 60年代半ばから東宝で内藤洋子や酒井和歌子を主演に「あこがれ」「伊豆の踊子」「めぐりあい」などの青春映画を、瑞々(みずみず)しい感覚で撮って注目された恩地日出夫監督(81)。また、「独占!おとなの時間」(現テレビ東京系)の司会でも知られた。さて、今どうしているのか。

 会ったのは横浜駅前のホテルの喫茶室。ウ~ン、実にキマっている。かつてあった「恩地日出夫=カッコいい」というイメージ通りだ。

「10年くらい前(03年)に芥川賞作家の村田喜代子さんの『蕨野行』って小説を8年かけて映画化してね。姥(うば)捨て伝説がテーマなんだけど、読んだ瞬間、これはオレじゃなきゃ撮れないとピンときた。で、自分で製作費2億円を集め、渾身の力を込めて製作したんだ。幸い、出来栄えも良く、芸術選奨とか報知映画賞監督賞などの賞をいただき、オレとしてはこれを遺作にしようと思った。なのに、だ。あれから10年以上経ったにもかかわらず、相変わらずピンピンしてる。『蕨野行』に出た石橋蓮司から、“遺作のパート2はいつですか?”ってからかわれてるよ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る