• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青春映画の巨匠・恩地日出夫監督は“遺作パート2”準備中

 60年代半ばから東宝で内藤洋子や酒井和歌子を主演に「あこがれ」「伊豆の踊子」「めぐりあい」などの青春映画を、瑞々(みずみず)しい感覚で撮って注目された恩地日出夫監督(81)。また、「独占!おとなの時間」(現テレビ東京系)の司会でも知られた。さて、今どうしているのか。

 会ったのは横浜駅前のホテルの喫茶室。ウ~ン、実にキマっている。かつてあった「恩地日出夫=カッコいい」というイメージ通りだ。

「10年くらい前(03年)に芥川賞作家の村田喜代子さんの『蕨野行』って小説を8年かけて映画化してね。姥(うば)捨て伝説がテーマなんだけど、読んだ瞬間、これはオレじゃなきゃ撮れないとピンときた。で、自分で製作費2億円を集め、渾身の力を込めて製作したんだ。幸い、出来栄えも良く、芸術選奨とか報知映画賞監督賞などの賞をいただき、オレとしてはこれを遺作にしようと思った。なのに、だ。あれから10年以上経ったにもかかわらず、相変わらずピンピンしてる。『蕨野行』に出た石橋蓮司から、“遺作のパート2はいつですか?”ってからかわれてるよ、ハハハ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る