ポール逮捕した“伝説の麻取”が指摘する「清原問題」

公開日:  更新日:

 元プロ野球選手の清原和博が深刻な薬物中毒に陥っていると「週刊文春」が報じて約1カ月。また、文春は去年秋、人気大物デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAの薬物中毒疑惑も詳細にリポートした。ところで、本日登場の小林潔さんは元厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部捜査第1課長。80年1月、日本公演のために来日したポール・マッカートニーを大麻所持で逮捕した“伝説の麻取”だ。

「あの文春の清原選手の記事には久しぶりに熱くなりました。私が現役で事実があの通りなら、すぐにアクションを起こしますよ」

 2月に「白い粉の誘惑~麻薬Gメン捕物帖」(宝島文庫)を出したばかりの小林さん、開口一番こういった。

 文春の記事の冒頭、病院から出てきた清原の表情、言葉を微に入り細にうがって観察、リポートしていたが、小林さんは、「あれはどう見ても薬物中毒者の反応です」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る