ポール逮捕した“伝説の麻取”が指摘する「清原問題」

公開日: 更新日:

 元プロ野球選手の清原和博が深刻な薬物中毒に陥っていると「週刊文春」が報じて約1カ月。また、文春は去年秋、人気大物デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAの薬物中毒疑惑も詳細にリポートした。ところで、本日登場の小林潔さんは元厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部捜査第1課長。80年1月、日本公演のために来日したポール・マッカートニーを大麻所持で逮捕した“伝説の麻取”だ。

「あの文春の清原選手の記事には久しぶりに熱くなりました。私が現役で事実があの通りなら、すぐにアクションを起こしますよ」

 2月に「白い粉の誘惑~麻薬Gメン捕物帖」(宝島文庫)を出したばかりの小林さん、開口一番こういった。

 文春の記事の冒頭、病院から出てきた清原の表情、言葉を微に入り細にうがって観察、リポートしていたが、小林さんは、「あれはどう見ても薬物中毒者の反応です」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る