ポール逮捕した“伝説の麻取”が指摘する「清原問題」

公開日: 更新日:

 元プロ野球選手の清原和博が深刻な薬物中毒に陥っていると「週刊文春」が報じて約1カ月。また、文春は去年秋、人気大物デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAの薬物中毒疑惑も詳細にリポートした。ところで、本日登場の小林潔さんは元厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部捜査第1課長。80年1月、日本公演のために来日したポール・マッカートニーを大麻所持で逮捕した“伝説の麻取”だ。

「あの文春の清原選手の記事には久しぶりに熱くなりました。私が現役で事実があの通りなら、すぐにアクションを起こしますよ」

 2月に「白い粉の誘惑~麻薬Gメン捕物帖」(宝島文庫)を出したばかりの小林さん、開口一番こういった。

 文春の記事の冒頭、病院から出てきた清原の表情、言葉を微に入り細にうがって観察、リポートしていたが、小林さんは、「あれはどう見ても薬物中毒者の反応です」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る