日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五輪関係者ニヤリ 政治利用されるAKB国立ライブ「中止」

 五輪利権に群がる面々にすれば、恵みの雨となったことだろう。30日、東京・国立競技場で7万人を動員する予定だったAKB48の単独ライブが“悪天候”のため、中止になった。

 主催者が中止を決めたのは、会場の開門予定時刻の午後1時。最寄りのJR千駄ケ谷駅で、突然の中止を知らされたファンはボー然。
 この日のため、地方から上京した人も多く、「チケットを取るのも大変だったのに」と肩を落とす若者や警備員であふれ返り、駅周辺は一時騒然となった。

■ファン7万人の落胆が税金投入の口実に

 皮肉なことに開始予定時刻の午後4時には雨があがり、晴れ間がのぞく天気に。会場近くの明治公園には卒業セレモニーを行う予定だった大島優子(25)がサプライズで登場。

「風も強かったりして、いろいろ判断させていただきました」と、ファンにとって“早過ぎた中止”を泣きながら謝罪していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事