大型ライブで実証 新国立競技場「開閉式屋根」は税金のムダ

公開日:  更新日:

 全国のアイドルおたくが国立のスタンドを埋め尽くしそうだ。今週末から東京・国立競技場で巨大ライブイベントが3週連続で開催される。

 15日から2日間は「ももいろクローバーZ」、来週21、22日は「ラルク アン シエル」、29、30日は「AKB48」が国立の大舞台に立つ。いずれも1日当たりの観衆は8万人規模。すでにチケットは完売状態で、トータル48万人が国立に押し寄せる。

 約60年に及ぶ国立の歴史上、これだけ立て続けに音楽イベントを行うのは初めて。管理・運営する日本スポーツ振興センター(JSC)が天然芝の保護や、近隣住民への騒音の配慮など、音楽イベント開催に厳しい規制を設けてきたためだ。

「7月からの競技場建て替えにあたり、『SAYONARA国立競技場プロジェクト』を企画。趣旨に賛同する音楽関係者からコンサート実施の強い要望を受け、開催を決めました。来月以降もJリーグの試合があり、芝を傷つけないような配慮をお願いしています」(JSC広報室)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る