「次の卒業生」最有力 AKB48小嶋陽菜の“隠したい過去”

公開日: 更新日:

「大島の次に卒業するのは誰か?」――今月末、大島優子がAKBを卒業するのに伴って、ファンの関心はすでにその次に向かっている。そこで最有力とみられているのが小嶋陽菜(25)だ。大島と同い年で、大島の卒業後は最年長になってしまうが、年長者だからチームを引っ張ったりまとめたりすることもなく、常にマイペースで、AKB48加入当時から変わらず突き進んでいる。

 そんな小嶋は05年12月にオープニングメンバーとしてAKB48に加入。当時はまだ高校生だったが、人気が上がってきた頃の小嶋に、実はちょっとしたハプニングが起きた。高校卒業目前の時に、今まで休んだことのなかった劇場公演を突如欠席したのである。理由は期末テストで赤点を取ったので、その追試を受けるため……。

 こうしたギャップにアイドルファンは弱く、人気はさらに上昇。勢いは今でも持続していて、デビューから現在に至るまで、じゃんけん選抜を除く全シングル曲の選抜メンバーにも選ばれている。総選挙では、6位、7位、6位、7位、9位と5年連続で10位以内をキープ。最年長になった今でも、人気が落ちることもなく、今ではアイドルファンのみならず、一般女性のファンも多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る