日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

会見でブチ切れ、周囲もア然 内田裕也の支離滅裂“ロック魂”

 3日、内田裕也(74)がラム酒ブランド「バカルディ」の新商品発売記念イベントに登場した。「コミック雑誌なんかいらない」を熱唱するとステージ上から恐る恐るジャンプ。トレードマークの杖を揺らして「エアギター」も披露した。

 ライブを終えると、息を切らして「真面目にやったよ……」とひと言。慎重に壇上から跳んだことについて「去年(11月)、韓国で不覚にも(右足首を)骨折してね。ゆっくり降りると“ニューミュージック”ぽくて嫌なんだけど。そこだけ悔いが残ってます」と明かしていた。

■スタッフはアタフタ

 内田といえば「ロックンロール」が口癖だが、その言葉の使い方は謎。この日も、首をかしげる場面があった。イベント終了後に開かれた囲み取材の途中で、内田に新商品のボトルを持たせようとしたスタッフが脇から“乱入”。内田は小さい声で「いや、いいよ」と持つのを拒んだものの、スタッフが再び商品を持たせると素直に応じた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事