日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「全身がん」の樹木希林はゆるキャラ顔負けの“超自然体”

「いつ死ぬか、っていうと“死ぬ死ぬ詐欺”みたいだけど」

 25日、ドキュメンタリー映画「神宮希林 わたしの神様」の完成披露舞台挨拶に出席した樹木希林(71)はそう言って笑った。

 昨年3月に「全身がん」と公言し、先月15日に今回のがん治療が終了。自身の体調について聞かれると、「(体調は)治療する前もした後も変わらない。生活の質が変わらないのはありがたい。よく<頑張っている>と報道されるけど、ちっとも頑張っていないんですよ。大きく体に影響するもの(がん)は消滅していると思います。小さいものはあると思いますが」と報告した。

 舞台挨拶にはコートを羽織り、左手にはカバンを持って登場。“そのまますぐにでも帰れます”といった姿で「私はマネジャーも何もいないから」と笑いながら写真撮影に応じていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事