• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元SDNなちゅが語る 作家・石田衣良に学んだ小説の極意

 4日、直木賞作家の石田衣良氏(54)によるプロ作家養成スクールが開かれ、元「SDN48」のなちゅ(29)が生徒として参加した。

 石田氏が審査委員長を務める「ノベリスタ大賞」の入賞者や新人作家なども生徒として出席。石田氏は小説技法だけでなく、出版業界を取り巻く厳しい現状についても語り、「僕が生きているうちに、自動車業界のようにあれこれ統合して、最終的に3社くらいになるんじゃないかな」とも。

 日刊ゲンダイ本紙芸能面でもコラムを執筆していたなちゅは、石田センセイの「小説で理想のエンディングは?」という質問に「ハッピーエンド。読んだ後に生きててよかったと思えるような話がいい」と回答。そんななちゅが書く小説はどんなものなのか。授業後、本人を直撃!

「ギャルが主人公の恋愛小説です。昨日、原稿用紙50枚書きました。自殺未遂するシーンがあるんですけど、薬を飲んで救急車で運ばれてチューブで薬を抜く描写とかは自分の体験。書いていると登場人物のキャラに入り込みすぎて情緒不安定です(笑い)。主人公のイメージは大島優子さん。ドラマ化するなら絶対優子さんにやってほしい。でも、まず書き上げなきゃ~! 一番最初に読んでほしいのは秋元康さん。私が書いたコラムとか結構読んでくれていて、お誕生日のときにメールしたら『文章うまくなったなあ』って褒めてくれて。書籍化したら帯(の推薦文)書いてほしい!」

「ギャル作家」誕生の日は近い!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る