清水アキラが楽しげに語った 「卒婚」した妻との貧乏時代

公開日:  更新日:

 2日、映画「大脱出」のブルーレイ&DVD発売記念イベントが開かれ、本作でダブル主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーとシルベスター・スタローンに扮した清水アキラ(60)とモト冬樹(63)がPR応援団として登場。モトは「カツラをした方が自然に見える」と自虐ネタを披露し、つけヒゲ姿の清水に「どう見ても宇崎竜童」とツッコんでいた。

「大脱出したいこと」はと聞かれると、清水は「『ザ・ハンダース』解散後、1人で活動を始めた頃は厚木市にある家賃7万2000円の部屋に住んでいて、女房と2人で『1日500円生活』をしていました。当時は早く抜け出したかった」と下積み時代を振り返った。昨年11月に妻と“卒婚状態”と明かし、故郷の長野県に単身移住した清水。「本当に離婚とかそういうんじゃない。子育ても卒業して、2人で好きなことをしている。幸せです」と説明した。

 この日は、2人に加えてポニーキャニオンの「グラドル映画宣伝部」高崎聖子(21)、倉持由香(22)、鈴木咲(26)が婦人警官風のセクシー衣装で登場。モトと清水をニヤケさせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  7. 7

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  8. 8

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る