清水アキラが楽しげに語った 「卒婚」した妻との貧乏時代

公開日: 更新日:

 2日、映画「大脱出」のブルーレイ&DVD発売記念イベントが開かれ、本作でダブル主演を務めたアーノルド・シュワルツェネッガーとシルベスター・スタローンに扮した清水アキラ(60)とモト冬樹(63)がPR応援団として登場。モトは「カツラをした方が自然に見える」と自虐ネタを披露し、つけヒゲ姿の清水に「どう見ても宇崎竜童」とツッコんでいた。

「大脱出したいこと」はと聞かれると、清水は「『ザ・ハンダース』解散後、1人で活動を始めた頃は厚木市にある家賃7万2000円の部屋に住んでいて、女房と2人で『1日500円生活』をしていました。当時は早く抜け出したかった」と下積み時代を振り返った。昨年11月に妻と“卒婚状態”と明かし、故郷の長野県に単身移住した清水。「本当に離婚とかそういうんじゃない。子育ても卒業して、2人で好きなことをしている。幸せです」と説明した。

 この日は、2人に加えてポニーキャニオンの「グラドル映画宣伝部」高崎聖子(21)、倉持由香(22)、鈴木咲(26)が婦人警官風のセクシー衣装で登場。モトと清水をニヤケさせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る