「ベネッセ」「ジャストシステム」の批判避けるテレビの“体質”

公開日:  更新日:

「カネ目当ての派遣社員の愚行」でオシマイでは問屋が卸さない。

 データベース(DB)の管理にかかわる派遣社員のSE(システムエンジニア)が犯行を認めた大量顧客情報流出事件。警視庁はSEに対するベネッセの刑事告訴を受理し、早くも17日中に不正競争防止法違反容疑で逮捕する方針だが、これでメデタシ、メデタシとはいかない。
 今回の問題は、いったん流出したら回収不能な個人情報が最大2070万件とベラボーになる上、その被害者が「子供」という点で極めて深刻だ。派遣SEの逮捕は当然として、顧客情報の管理を怠ったベネッセ、出所不明の名簿を業者から買ったジャストシステムの責任も厳しく問われるべきである。

 ところが、両社の企業姿勢を問う報道はほとんど見られない。テレビに至っては皆無と言っていい。被害者の数で見れば、2000年の「雪印集団食中毒事件」の1万5000人をはるかに上回る。情報流出と集団食中毒を同列には比べられないとはいえ、ケタが3つも違うのだ。当時は連日、雪印の社長を追い回していた。テレビはなぜ、両社の責任をガンガン追及しないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る