仕事選ばず露出急増…遠藤憲一が第2の竹中直人になる日

公開日: 更新日:

 出ずっぱりといえば、遠藤憲一(53)。個性派俳優というにふさわしい“目力”の持ち主だ。

 現在放送中のTBS系の連ドラ「家族狩り」では準主役の刑事役で、ドラマ、映画、CMで見ない日はない。

「遠藤が本格的に注目されるようになったのは、テレ東の連ドラ『湯けむりスナイパー』で主演した09年前後、40代後半からと超遅咲きです。本人に言わせるとまだ咲いていないそうですが、売れない時代が長かったせいもあって、依頼があった仕事は基本的には断らないんだとか」(テレビ誌編集者)

 気持ちは分かるが、露出過多では飽きられるのも早いんじゃないか。

「遠藤の5歳上の俳優、竹中直人も仕事を断らないことで有名で、かつては『すぐに飽きられる』なんていわれたもんですが、結局、出ずっぱりのままです。下積みが長いぶん、役者としての厚みと幅が違うので、そう簡単には飽きられない。それに遠藤の強みは、“強面”を逆手に取って笑いも取れること。情けない役、カッコ悪い役が逆に映えるんです。その点も竹中に似ているといえば似ていますね」(テレビ誌編集者=前出)

 9年前に放送されたフジテレビのスペシャルドラマ「空中ブランコ」では、“ドス”はもちろんのこと、サンマまで怖い先端恐怖症のヤクザを好演。当時からコメディー俳優の片鱗も見せていたわけだ。もっとも、本人は強面がコンプレックスらしいが、まあ、ギャップは“モテ”の要素のひとつだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  2. 2

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    産経新聞の阿比留氏こそ「病んでいる」のではないか?

  8. 7

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  9. 8

    手越祐也 人脈武器に快進撃…ジャニーズ事務所は戦々恐々

  10. 9

    新宿、渋谷、六本木は行くな “在日米軍アラート”の信憑性

  11. 10

    吉川晃司「探偵・由利麟太郎」はハマり役 ドロドロ感が吉

もっと見る