仕事選ばず露出急増…遠藤憲一が第2の竹中直人になる日

公開日:  更新日:

 出ずっぱりといえば、遠藤憲一(53)。個性派俳優というにふさわしい“目力”の持ち主だ。

 現在放送中のTBS系の連ドラ「家族狩り」では準主役の刑事役で、ドラマ、映画、CMで見ない日はない。

「遠藤が本格的に注目されるようになったのは、テレ東の連ドラ『湯けむりスナイパー』で主演した09年前後、40代後半からと超遅咲きです。本人に言わせるとまだ咲いていないそうですが、売れない時代が長かったせいもあって、依頼があった仕事は基本的には断らないんだとか」(テレビ誌編集者)

 気持ちは分かるが、露出過多では飽きられるのも早いんじゃないか。

「遠藤の5歳上の俳優、竹中直人も仕事を断らないことで有名で、かつては『すぐに飽きられる』なんていわれたもんですが、結局、出ずっぱりのままです。下積みが長いぶん、役者としての厚みと幅が違うので、そう簡単には飽きられない。それに遠藤の強みは、“強面”を逆手に取って笑いも取れること。情けない役、カッコ悪い役が逆に映えるんです。その点も竹中に似ているといえば似ていますね」(テレビ誌編集者=前出)

 9年前に放送されたフジテレビのスペシャルドラマ「空中ブランコ」では、“ドス”はもちろんのこと、サンマまで怖い先端恐怖症のヤクザを好演。当時からコメディー俳優の片鱗も見せていたわけだ。もっとも、本人は強面がコンプレックスらしいが、まあ、ギャップは“モテ”の要素のひとつだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る