仕事選ばず露出急増…遠藤憲一が第2の竹中直人になる日

公開日: 更新日:

 出ずっぱりといえば、遠藤憲一(53)。個性派俳優というにふさわしい“目力”の持ち主だ。

 現在放送中のTBS系の連ドラ「家族狩り」では準主役の刑事役で、ドラマ、映画、CMで見ない日はない。

「遠藤が本格的に注目されるようになったのは、テレ東の連ドラ『湯けむりスナイパー』で主演した09年前後、40代後半からと超遅咲きです。本人に言わせるとまだ咲いていないそうですが、売れない時代が長かったせいもあって、依頼があった仕事は基本的には断らないんだとか」(テレビ誌編集者)

 気持ちは分かるが、露出過多では飽きられるのも早いんじゃないか。

「遠藤の5歳上の俳優、竹中直人も仕事を断らないことで有名で、かつては『すぐに飽きられる』なんていわれたもんですが、結局、出ずっぱりのままです。下積みが長いぶん、役者としての厚みと幅が違うので、そう簡単には飽きられない。それに遠藤の強みは、“強面”を逆手に取って笑いも取れること。情けない役、カッコ悪い役が逆に映えるんです。その点も竹中に似ているといえば似ていますね」(テレビ誌編集者=前出)

 9年前に放送されたフジテレビのスペシャルドラマ「空中ブランコ」では、“ドス”はもちろんのこと、サンマまで怖い先端恐怖症のヤクザを好演。当時からコメディー俳優の片鱗も見せていたわけだ。もっとも、本人は強面がコンプレックスらしいが、まあ、ギャップは“モテ”の要素のひとつだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    ジャパンライフに一斉捜査 安倍首相“広告塔”の動かぬ証拠

  7. 7

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  8. 8

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  9. 9

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  10. 10

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る