潜在視聴率ダウン 山岸舞彩に囁かれる「打ち切り」と「卒業」

公開日:  更新日:

 美脚、美貌で、NHKの五輪中継などではアナウンサーから嫉妬されていたフリーの山岸舞彩(27)。日本テレビの看板番組「NEWS ZERO」のキャスターになり、今春からフジテレビ日曜夜の「ワンダフルライフ」の司会を担当しているが、どうも首筋が寒くなってきた。
「ワンダフルライフ」の視聴率が上がらず、打ち切り説が根強いのだ。

「『ワンダフル』は有名人のインタビュー番組で企画もよくないが、低迷は山岸の突っ込みの弱さも一因です。今のままでは上がり目はないので打ち切り内定という話もあります」(マスコミ関係者)

■深夜キス報道

 以前、山岸は6~7%も潜在視聴率があって人気フリーアナのひとり。ところが、「最近は5・4%にダウン、上積みを望めない」(事情通)ともいわれている。
 そこで、さらに囁かれているのが「ワンダフルライフ」の打ち切りだけですめばいいがという声だ。「ZERO」も厳しい状況だという。日テレ関係者がいうには――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る