潜在視聴率ダウン 山岸舞彩に囁かれる「打ち切り」と「卒業」

公開日:  更新日:

 美脚、美貌で、NHKの五輪中継などではアナウンサーから嫉妬されていたフリーの山岸舞彩(27)。日本テレビの看板番組「NEWS ZERO」のキャスターになり、今春からフジテレビ日曜夜の「ワンダフルライフ」の司会を担当しているが、どうも首筋が寒くなってきた。
「ワンダフルライフ」の視聴率が上がらず、打ち切り説が根強いのだ。

「『ワンダフル』は有名人のインタビュー番組で企画もよくないが、低迷は山岸の突っ込みの弱さも一因です。今のままでは上がり目はないので打ち切り内定という話もあります」(マスコミ関係者)

■深夜キス報道

 以前、山岸は6~7%も潜在視聴率があって人気フリーアナのひとり。ところが、「最近は5・4%にダウン、上積みを望めない」(事情通)ともいわれている。
 そこで、さらに囁かれているのが「ワンダフルライフ」の打ち切りだけですめばいいがという声だ。「ZERO」も厳しい状況だという。日テレ関係者がいうには――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る