時間帯トップ 女性ファンを扇情させる上戸彩「昼顔」のヒット

公開日: 更新日:

 上戸彩主演の連続ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(フジテレビ系)が初回視聴率13・3%を記録し、同時間帯でトップだったことが判明した。私生活でも人妻の上戸が真っ昼間から夫以外の男性と逢瀬を重ねるショッキングな内容が視聴者から支持を得た格好だ。

 当初は苦戦が想定されていたが、フタをあけてみれば「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)10・6%、「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)6・8%、「報道ステーション」(テレビ朝日系)12・2%と他局を蹴散らした。ビデオ録画率を含めると15%超は確実だ。
 実は「昼顔」の視聴率や視聴者層を分析すると、意外な事実が浮かび上がってくる。同作は男性ではなく、女性をターゲットに制作されていて、それが女性人気につながっているというのだ。

「当初は濡れ場が多いと盛んに報じられ、男性を取り込もうとしていると思いました。でも、初回を見る限り完全に女性視聴者を意識した作りになっていた。例えば冒頭で上戸がアイスキャンディーを食べるシーン。男性を意識するならキャンディーをなめて終わりですが、アイスが溶けて足の指に滴り落ちる、エロチックでセクシーなカットにしていた。女性の渇望感をうまく表現していました」(若手放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  3. 3

    比嘉愛未が代役「推しの王子様」パッとせず…深田恭子の人気が根強い裏返し?

  4. 4

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  5. 5

    組織委・武藤事務総長またトンデモ発言!五輪コロナ感染264人を「想定内」と豪語し大炎上

  6. 6

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  7. 7

    “感染症ムラのドン”組織委専門家会議・岡部信彦座長の「パラ中止を」発言は菅官邸の世論形成か

  8. 8

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    伊東美咲の12年ぶりテレビ復帰にザワつくファン…篠原涼子の離婚直後で憶測に拍車

もっと見る