時間帯トップ 女性ファンを扇情させる上戸彩「昼顔」のヒット

公開日:  更新日:

 上戸彩主演の連続ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」(フジテレビ系)が初回視聴率13・3%を記録し、同時間帯でトップだったことが判明した。私生活でも人妻の上戸が真っ昼間から夫以外の男性と逢瀬を重ねるショッキングな内容が視聴者から支持を得た格好だ。

 当初は苦戦が想定されていたが、フタをあけてみれば「ダウンタウンDX」(日本テレビ系)10・6%、「櫻井有吉アブナイ夜会」(TBS系)6・8%、「報道ステーション」(テレビ朝日系)12・2%と他局を蹴散らした。ビデオ録画率を含めると15%超は確実だ。
 実は「昼顔」の視聴率や視聴者層を分析すると、意外な事実が浮かび上がってくる。同作は男性ではなく、女性をターゲットに制作されていて、それが女性人気につながっているというのだ。

「当初は濡れ場が多いと盛んに報じられ、男性を取り込もうとしていると思いました。でも、初回を見る限り完全に女性視聴者を意識した作りになっていた。例えば冒頭で上戸がアイスキャンディーを食べるシーン。男性を意識するならキャンディーをなめて終わりですが、アイスが溶けて足の指に滴り落ちる、エロチックでセクシーなカットにしていた。女性の渇望感をうまく表現していました」(若手放送作家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る