• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

懐かしの「電話リクエスト」 ニッポン放送で一夜限りの復活

“電リク”と聞いて心躍らせるアナタは、40代後半から50代か。ラジオの深夜放送全盛期に流行した「電話リクエスト」のことで、はがきによる投稿とともに一時大流行した。携帯・メール世代の若者には無縁のワードだろうが、オジサン世代にとっては懐かしい限り。

 この“電リク”が25日午後6時から、ニッポン放送で“復活”する。同社の開局60周年記念の特番の中で行われる予定で、「ラジオで聴いた忘れられないミュージック」がテーマ。生放送中の番組に直接電話を入れ、パーソナリティーと話す“電リク”スタイルは同社でも数年ぶりのイベントになるという。

「先月の60周年記念イベントで代々の番組パーソナリティーに出演していただいた企画がリスナーに好評だったので、今回は直接聴きたい曲をリスナーに聞いてみようということに。“電リク”は本当に久しぶりですし、リスナーからどんな声が届くか楽しみです」(広報担当者)

 放送は午後9時50分までの3時間50分。電話がつながった興奮が忘れられない“電リク”世代は楽しみだ。

 [電話]0570・05・1242で、午後6時から受け付け開始。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る