「鉄人28号」は27万円…押入に眠る60年代お宝オモチャ

公開日: 更新日:

 先日の「まんだらけ」(東京都中野区)万引事件で一番驚いたのは、画像公開の中止でも、犯人のスピード逮捕でもなく、ブリキ製「鉄人28号」の値段だった。高さわずか約25センチ、1964年の発売当時は400円だったオモチャが、27万円だったという。話題のまんだらけで、何がいくらぐらいで売っているのか改めて調べてみると──。

「子供の頃、鉄人28号や鉄腕アトムのオモチャを持っていた」という人は少なくないはずい。今も実家の押し入れに眠っているとしたら…。それらは20万円前後の値が付くのだろうか。

 基本的には「ブリキ製」が人気が高く、現在、まんだらけに置いてあるブリキ製オモチャで最高値は、漫画キャラクターではないが、60年代に作られた「ホリカワ電動ブリキ」が70万円だった。

■250万円で落札された“怪獣モノ”

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜にカジノ不要 藤木幸夫氏が危惧する「戦前に似た空気」

  2. 2

    所属議員も鼻白む 自民党“ネトウヨ冊子”配布で参院選対策

  3. 3

    「ドトールのコーヒーはスタバよりも安い」は本当か?

  4. 4

    「断熱オタク」に聞いた エコ住宅がなぜ広まらないのか?

  5. 5

    八幡カオルさんは試行錯誤の末“セクシー写真集”を自費出版

  6. 6

    ソニーだけが1000万円超え 大手電機8社の「平均給与」は

  7. 7

    あのスルガは801万円の厚遇 銀行の「平均給与」ランク

  8. 8

    焼き肉業界に足かけ7年 元ロッテ藤田宗一さんの第二の人生

  9. 9

    フジ月9出演も決定 「なつぞら」母親対決は山口智子に軍配

  10. 10

    【宝塚記念】有力馬の「グランプリ」回避続出には理由がある

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る