「鉄人28号」は27万円…押入に眠る60年代お宝オモチャ

公開日: 更新日:

 先日の「まんだらけ」(東京都中野区)万引事件で一番驚いたのは、画像公開の中止でも、犯人のスピード逮捕でもなく、ブリキ製「鉄人28号」の値段だった。高さわずか約25センチ、1964年の発売当時は400円だったオモチャが、27万円だったという。話題のまんだらけで、何がいくらぐらいで売っているのか改めて調べてみると──。

「子供の頃、鉄人28号や鉄腕アトムのオモチャを持っていた」という人は少なくないはずい。今も実家の押し入れに眠っているとしたら…。それらは20万円前後の値が付くのだろうか。

 基本的には「ブリキ製」が人気が高く、現在、まんだらけに置いてあるブリキ製オモチャで最高値は、漫画キャラクターではないが、60年代に作られた「ホリカワ電動ブリキ」が70万円だった。

■250万円で落札された“怪獣モノ”

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る