毒舌マツコが絶賛 SHELLYの“トーク術”裏付ける知性

公開日: 更新日:

「倹約家で服がダサイ」とは、本人を知る友人評だそうだ。毒舌のマツコ・デラックスが「今のところ完璧じゃない? 賢い女よ」と手放しで褒めるタレントでもある。バラエティーから、NHK教育番組の英語講座、各種イベントと売れっ子のSHELLY(シェリー)。

 1984年、横浜市出身。イタリア系アメリカ人で海軍あがりの父親と日本人の母親をもち、2歳から6歳までアメリカに住んだが、小学1年の時から日本で育ち、神奈川県立磯子高校国際ビジネスコース卒だとか。スカウトをきっかけに、14歳でファッション雑誌のモデルデビュー。以降、持ち前のバイタリティーでDJ、キャスター、司会と仕事の幅を広げてきた。ファンや業界関係者、さらに芸能マスコミのウケも悪くない。

「幼い頃の夢が米国初の女性大統領で、『toothpick(つまようじ)』というあだ名だったとか、マイケル・ジャクソンに憧れてダンスをはじめ、『マイケルのお嫁さんになる』と言っていたなどと、笑顔でポンポン話してくる。彼女は新婚で、夫が日テレで『世界の果てまでイッテQ!』などのバラエティーを担当する30代後半のディレクターなのですが、囲み会見でエピソードを聞かれると、『意外とトイレットペーパーにこだわりがあって、“おしりセレブ”というのを買うようになったんですよ。私はパックで198円だったのに』って。守備範囲が広いというか、非公開にしている本名などを除けば、どんなネタを誰に振られても答えてしまいそうなところを感じます。あのトーク術は、同じ事務所の先輩だった板東英二から学んだそうで、『大師匠』なのだそうです」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

    テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

  2. 2
    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

    ロシア下院議員が激怒! 「軍服150万人分消失」の怪事件はクーデターの予兆か

  3. 3
    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

    今度は「安倍晋三記念紙幣」発行を求める文書が出回る…保守系や自民議員が発起賛同

  4. 4
    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

    復帰のレンドンは220億円の“不良債権” お粗末守備が来季の大谷とエンゼルス最大の障害に

  5. 5
    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

    大谷翔平の「貢献度」がジャッジよりも低く出る不公平なカラクリ 米紙記者が指摘

  1. 6
    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

    HIS(上)ハウステンボス売却は“日米経済安保”に発展か…不動産取引の裏に隠された深刻事態

  2. 7
    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

    近ツーの“PTA代行サービス”が好調 背景に「できれば引き受けたくない」親の究極の選択

  3. 8
    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

    萩生田政調会長はまるで旧統一教会の“番犬”…「解散請求」を阻む嘘とゴマカシ

  4. 9
    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

    巨人原監督の続投は“消去法”…契約は「監督として3年」ではなく「球団と3年」の裏事情

  5. 10
    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”

    日本ハム近藤健介FA宣言なら争奪戦確実! あるのか巨人得意の“後出しじゃんけん”