マーサ・スチュワートが大物女優、実業家を次々“口撃”

公開日: 更新日:

 米国のライフスタイル・コーディネーター&クリエーターの第一人者、マーサ・スチュワート(73)が、米ファッション誌ポーター最新号で、大物女優や実業家を片っ端から批判して、注目を集めている。

 まずやり玉に挙げたのは、「第2のマーサ」を目指しているといわれる英女優のグウィネス・パルトロウ(41)。ライフスタイルに関して自身のウェブサイト「Goop」でさまざまな提案をしているグウィネスを、「少しおとなしくしたらどうかしら。あの子は女優でしょ。演技に自信があるなら、マーサ・スチュワートになろうとすべきじゃない」と“口撃”したのだ。

 また著書「リーンイン」で企業内で女性がリーダーシップを取ることを主張したフェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO(45)についても、「女性は企業内の権力の階段を上ることに時間を浪費するのではなく、起業家を目指すべき」と批判した。

 まだどちらも反応していないが、派手な「女の戦い」が始まるかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  2. 2

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    菅野の父親に県大会決勝の先発辞退を直訴するよう勧めた

もっと見る