マーサ・スチュワートが大物女優、実業家を次々“口撃”

公開日:  更新日:

 米国のライフスタイル・コーディネーター&クリエーターの第一人者、マーサ・スチュワート(73)が、米ファッション誌ポーター最新号で、大物女優や実業家を片っ端から批判して、注目を集めている。

 まずやり玉に挙げたのは、「第2のマーサ」を目指しているといわれる英女優のグウィネス・パルトロウ(41)。ライフスタイルに関して自身のウェブサイト「Goop」でさまざまな提案をしているグウィネスを、「少しおとなしくしたらどうかしら。あの子は女優でしょ。演技に自信があるなら、マーサ・スチュワートになろうとすべきじゃない」と“口撃”したのだ。

 また著書「リーンイン」で企業内で女性がリーダーシップを取ることを主張したフェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO(45)についても、「女性は企業内の権力の階段を上ることに時間を浪費するのではなく、起業家を目指すべき」と批判した。

 まだどちらも反応していないが、派手な「女の戦い」が始まるかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る