マーサ・スチュワートが大物女優、実業家を次々“口撃”

公開日: 更新日:

 米国のライフスタイル・コーディネーター&クリエーターの第一人者、マーサ・スチュワート(73)が、米ファッション誌ポーター最新号で、大物女優や実業家を片っ端から批判して、注目を集めている。

 まずやり玉に挙げたのは、「第2のマーサ」を目指しているといわれる英女優のグウィネス・パルトロウ(41)。ライフスタイルに関して自身のウェブサイト「Goop」でさまざまな提案をしているグウィネスを、「少しおとなしくしたらどうかしら。あの子は女優でしょ。演技に自信があるなら、マーサ・スチュワートになろうとすべきじゃない」と“口撃”したのだ。

 また著書「リーンイン」で企業内で女性がリーダーシップを取ることを主張したフェイスブックのシェリル・サンドバーグCOO(45)についても、「女性は企業内の権力の階段を上ることに時間を浪費するのではなく、起業家を目指すべき」と批判した。

 まだどちらも反応していないが、派手な「女の戦い」が始まるかも……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  5. 5

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  8. 8

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る