日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「花子とアン」で富士子役 芳根京子のオーディション秘話

「花子とアン」で朝ドラデビューした芳根京子(17)。ヒロイン・花子(吉高由里子)の親友、蓮子(仲間由紀恵)の娘・富士子役を熱演している。昨年、女優デビューを果たした17歳は、オーディションで富士子役を勝ち取った実力派。

 オーディションの知らせは6月ごろ。当日に台本を渡され、「1時間で覚えてください」と言われたという。オーディション後、しばらく何の音沙汰もなく「ダメだったのかな……」と思い始めたころ。合格の知らせが届いたのは80歳で亡くなった祖母の葬儀当日だった。

「北海道でおばあちゃんのお葬式に出ていたときにマネジャーさんから連絡があって、『かけ直します』ってすぐに一度切ったんです。かけ直したら『花子とアン決まったよ』と言われて。おばあちゃんは『いつか京子も朝ドラに出られるといいね』と言っていたので、おばあちゃんからのプレゼントかもしれない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事