スコットランド独立問題 あの英国セレブはYES?NO?

公開日:  更新日:

 英国からの独立問題を決するスコットランドの住民投票が日本時間18日午後から行われ、19日午後にも結果が発表される。

 世界的に有名なセレブたちの意見も真っ二つ。たとえば、P・マッカートニー(72)、ミック・ジャガー(71)らは、先月すでに反対声明に署名したとか。デビッド・ボウイ(67)、ロッド・スチュワート(69)のほか、5年前に紅白歌合戦に出場したスコットランド生まれの“奇跡の歌手”スーザン・ボイル(53)も反対の意思を表明している。

 対して「YES」と賛成の声を上げるのは、スコットランド生まれで初代ジェームズ・ボンドを演じたショーン・コネリー(84)、「オペラ座の怪人」の主役、ジェラルド・バトラー(44)、舞台「キャバレー」でトニー賞を受賞したアラン・カミング(49)ら。

 ほかにも、サッカーのベッカム(39)、物理学のホーキング博士(72)、ハリポタの生みの親、J・K・ローリング(49)が前者で、セレブの間では反対派が優勢か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る