下積み16年 Wコロン木曽さんちゅうが味わった赤貧生活

公開日: 更新日:

「整いました」が決めゼリフの“なぞかけ”で人気のWコロン。蝶ネクタイに赤いチェックのジャケット姿のねづっち(39)、赤い帽子にメガネの木曽さんちゅう(43)のコンビでブレークしたのは4年前。木曽はコンビ結成前、16年も下積み生活を送っていた――。

 ボクが生まれたのは神戸市。甲南大学卒業ということもあって、最初は関西でお笑い芸人を目指していたんです。
 芸名は格闘家の角田信朗さんがつけてくれました。93年、関西テレビで放送していた角田さん司会の金曜深夜の生放送「熱血ハイテンション」の素人コーナー「青春角田道場」に出演した際、「いかにも木曽山中での山ごもりから下りてきたような雰囲気だ」という理由で、その時はリングネームとしてつけていただき、それが今に至っています。

 でも、向こうでは仕事がなくて、東京ならとその半年ぐらい後に上京して、今は俳優やエッセイストとして有名になったふかわりょう君と知人の紹介で知り合って、1カ月ほどコンビを組んでいたこともありました。解散の理由はふかわ君が「ピンになりたい」って言い出したからですが、しばらくすると彼が売れちゃったのにはビックリしましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  2. 2

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  3. 3

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  4. 4

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  5. 5

    韓国俳優と熱愛報道 綾瀬はるかが亡父に誓った結婚の執念

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老舗経済誌が安倍首相批判を特集した理由 編集長に聞いた

  8. 7

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 8

    久米宏は日本のテレビやラジオにまだ必要だ

  10. 9

    西村コロナ担当相がイラつき激高 “逆ギレ会見”に批判殺到

  11. 10

    安倍首相「自画自賛ウソ会見」と何も突っ込まないお粗末記者

もっと見る