下積み16年 Wコロン木曽さんちゅうが味わった赤貧生活

公開日:  更新日:

「整いました」が決めゼリフの“なぞかけ”で人気のWコロン。蝶ネクタイに赤いチェックのジャケット姿のねづっち(39)、赤い帽子にメガネの木曽さんちゅう(43)のコンビでブレークしたのは4年前。木曽はコンビ結成前、16年も下積み生活を送っていた――。

 ボクが生まれたのは神戸市。甲南大学卒業ということもあって、最初は関西でお笑い芸人を目指していたんです。
 芸名は格闘家の角田信朗さんがつけてくれました。93年、関西テレビで放送していた角田さん司会の金曜深夜の生放送「熱血ハイテンション」の素人コーナー「青春角田道場」に出演した際、「いかにも木曽山中での山ごもりから下りてきたような雰囲気だ」という理由で、その時はリングネームとしてつけていただき、それが今に至っています。

 でも、向こうでは仕事がなくて、東京ならとその半年ぐらい後に上京して、今は俳優やエッセイストとして有名になったふかわりょう君と知人の紹介で知り合って、1カ月ほどコンビを組んでいたこともありました。解散の理由はふかわ君が「ピンになりたい」って言い出したからですが、しばらくすると彼が売れちゃったのにはビックリしましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る