日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ヤマンバ」と指差され…ざわちんの“不遇時代”ママちん告白

 ものまねメークでバラエティー番組を席巻している、ざわちん(22)。元AKB48の板野友美や滝川クリステル風のメークは大受けで、最近は母親も“ママちん”としてテレビに登場している。そのママちんが発売中の週刊誌「女性自身」で娘ざわちんの不遇時代を告白している。

 ママちんの本名はアロナさん(44)。フィリピン出身のアロナさんは群馬県で夫と出会い、92年8月にざわちん(本名=かおり)が誕生。しかし、アロナさんは仕事で多忙だったため、娘を3歳から6歳まで故郷のフィリピンにいる両親に託し、小学校にあがるタイミングで日本に呼び寄せたという。

 しかし、日本でざわちんを待ち受けていたのは言葉の壁とイジメ。「色黒だったので、ガングロとかヤマンバとか呼ばれたみたい」「様子を見ていて、いじめられていることはわかってたんです。私もつらかったんですよ…」と悲痛な心情を吐露している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事