「ヤマンバ」と指差され…ざわちんの“不遇時代”ママちん告白

公開日: 更新日:

 ものまねメークでバラエティー番組を席巻している、ざわちん(22)。元AKB48の板野友美滝川クリステル風のメークは大受けで、最近は母親も“ママちん”としてテレビに登場している。そのママちんが発売中の週刊誌「女性自身」で娘ざわちんの不遇時代を告白している。

 ママちんの本名はアロナさん(44)。フィリピン出身のアロナさんは群馬県で夫と出会い、92年8月にざわちん(本名=かおり)が誕生。しかし、アロナさんは仕事で多忙だったため、娘を3歳から6歳まで故郷のフィリピンにいる両親に託し、小学校にあがるタイミングで日本に呼び寄せたという。

 しかし、日本でざわちんを待ち受けていたのは言葉の壁とイジメ。「色黒だったので、ガングロとかヤマンバとか呼ばれたみたい」「様子を見ていて、いじめられていることはわかってたんです。私もつらかったんですよ…」と悲痛な心情を吐露している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  4. 4

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    千原せいじ消滅危機…2度の不倫疑惑でテレビ局「出禁」状態

  8. 8

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  9. 9

    杏にのしかかる東出不倫の代償5億円 映画再撮で離婚に拍車

  10. 10

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る