「ヤマンバ」と指差され…ざわちんの“不遇時代”ママちん告白

公開日: 更新日:

 ものまねメークでバラエティー番組を席巻している、ざわちん(22)。元AKB48の板野友美や滝川クリステル風のメークは大受けで、最近は母親も“ママちん”としてテレビに登場している。そのママちんが発売中の週刊誌「女性自身」で娘ざわちんの不遇時代を告白している。

 ママちんの本名はアロナさん(44)。フィリピン出身のアロナさんは群馬県で夫と出会い、92年8月にざわちん(本名=かおり)が誕生。しかし、アロナさんは仕事で多忙だったため、娘を3歳から6歳まで故郷のフィリピンにいる両親に託し、小学校にあがるタイミングで日本に呼び寄せたという。

 しかし、日本でざわちんを待ち受けていたのは言葉の壁とイジメ。「色黒だったので、ガングロとかヤマンバとか呼ばれたみたい」「様子を見ていて、いじめられていることはわかってたんです。私もつらかったんですよ…」と悲痛な心情を吐露している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る