ビリー・ジョエルが20代に睡眠薬自殺未遂 自叙伝で明かす

公開日: 更新日:

 ビリー・ジョエル(65)が今月28日発売の自伝「ビリー・ジョエル・決定的自伝」で、「20代の下積み時代に睡眠薬を飲んだが死にきれなかった」など、これまで語られなかった秘話を明かして話題になっている。

 職業を転々としていた20代。何をやってもうまくいかず、ネンブタールという睡眠薬を手のひらいっぱい、家具用塗料と一緒に胃の中に流し込んだが目を覚ます。

「死ぬことさえうまくできない」

 最初の結婚時(24歳)の写真を見て「犯罪者の顔をしている」と語り、メジャーデビュー後も「ピザ焼きの職人にしか見えない」と自身を徹底的に卑下する。

「アメリカ版エルトン・ジョンと言われるのが一番嫌い」など、徹底的に本音を吐露しており、成功の裏の苦労が満載の内容になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  8. 8

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る