ビリー・ジョエルが20代に睡眠薬自殺未遂 自叙伝で明かす

公開日: 更新日:

 ビリー・ジョエル(65)が今月28日発売の自伝「ビリー・ジョエル・決定的自伝」で、「20代の下積み時代に睡眠薬を飲んだが死にきれなかった」など、これまで語られなかった秘話を明かして話題になっている。

 職業を転々としていた20代。何をやってもうまくいかず、ネンブタールという睡眠薬を手のひらいっぱい、家具用塗料と一緒に胃の中に流し込んだが目を覚ます。

「死ぬことさえうまくできない」

 最初の結婚時(24歳)の写真を見て「犯罪者の顔をしている」と語り、メジャーデビュー後も「ピザ焼きの職人にしか見えない」と自身を徹底的に卑下する。

「アメリカ版エルトン・ジョンと言われるのが一番嫌い」など、徹底的に本音を吐露しており、成功の裏の苦労が満載の内容になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る