ドラマ界の“伝説”佐々木昭一郎氏 「新作で映画に革命起こす」

公開日: 更新日:

 日本のテレビドラマ界で“世界の”とか“伝説の”などのカンムリがつくのはこの人しかいない。70年代、「紅い花」「四季・ユートピアノ」「川シリーズ」などの作品で国際エミー賞、モンテカルロ・テレビ祭賞などを総ナメにし、“グランプリ男”の異名を取った元NHKディレクターの佐々木昭一郎さん(78)だ。95年にNHKを退職した佐々木さん、今どうしているのか。

「最後に手がけたドラマが、95年、まだNHKにいた頃の『八月の叫び』だから、ブランクは長かったですね。ただ、頭の中には新作のシナリオがつねに泉のごとくコンコンと湧いていて、いつでも撮れる準備はできてた。それが6年前でしたか、偶然、今回の主役である韓国人留学生のミンヨンと出会ったことで一気に作品化につながりました」

 神田神保町にある岩波ホールで会った佐々木さん、まずはこう言った。同ホールで10月11日から、佐々木さんがフリーになってから初めての映画「ミンヨン 倍音の法則」が公開されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    「桜」新疑惑 昭恵夫人私的ビジネス出資者を30人以上招待

  3. 3

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  4. 4

    厚労省が政権に忖度か 感染者急増の北海道で“検査妨害”

  5. 5

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  6. 6

    長瀬智也退所報道で浮上…ジャニーズが抱える2021年問題

  7. 7

    板野友美“匂わせ”NY一人旅?反射したガラスに男の姿が…

  8. 8

    新型コロナ騒動を口実に泥船から逃げ出す安倍ヨイショ連中

  9. 9

    世界で“コロナ”と指さされる日本人と問題だらけの政府対応

  10. 10

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る