• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ界の“伝説”佐々木昭一郎氏 「新作で映画に革命起こす」

 日本のテレビドラマ界で“世界の”とか“伝説の”などのカンムリがつくのはこの人しかいない。70年代、「紅い花」「四季・ユートピアノ」「川シリーズ」などの作品で国際エミー賞、モンテカルロ・テレビ祭賞などを総ナメにし、“グランプリ男”の異名を取った元NHKディレクターの佐々木昭一郎さん(78)だ。95年にNHKを退職した佐々木さん、今どうしているのか。

「最後に手がけたドラマが、95年、まだNHKにいた頃の『八月の叫び』だから、ブランクは長かったですね。ただ、頭の中には新作のシナリオがつねに泉のごとくコンコンと湧いていて、いつでも撮れる準備はできてた。それが6年前でしたか、偶然、今回の主役である韓国人留学生のミンヨンと出会ったことで一気に作品化につながりました」

 神田神保町にある岩波ホールで会った佐々木さん、まずはこう言った。同ホールで10月11日から、佐々木さんがフリーになってから初めての映画「ミンヨン 倍音の法則」が公開されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る