• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“フェチの鬼才”中野D児 六本木でウエーターをやっていた

 1980年代半ばから後半にかけてAV黄金期、業界屈指のSM男優であると同時に“フェチの鬼才”として勇名を馳せた黒ヒゲ、サングラスのAV監督がいた。中野D児さんだ。一方でレコードやプラモデルのコレクターとしてもしばしばマスコミに取り上げられた。今どうしているのか。

「『あの人は今』? よくオレの名前が出てきたね。ここに引っ越してきて5年。カネはないけど、元気にしてるよ」

 JR津田沼駅からタクシーで10分の自宅アパートを訪ねると、苦笑しながら中野さんが迎えてくれた。

「六本木のレストランで深夜担当のウエーターやってるんだ。夕方に家を出て、朝に帰ってくる。仕事で都心に向かうサラリーマンとは真逆の生活だね」

 ってことは、エロ系はなし?

「ヤル気は満々、オファーがあればいつでもオッケェなんだけど、世代交代もあって、声が掛かんないんだよ。ただ、緊縛ライブを年に何回かやってて、今年2月には市谷でピンク女優の樹花凛チャンをモデルに撮影会を開いたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

もっと見る