“フェチの鬼才”中野D児 六本木でウエーターをやっていた

公開日: 更新日:

 1980年代半ばから後半にかけてAV黄金期、業界屈指のSM男優であると同時に“フェチの鬼才”として勇名を馳せた黒ヒゲ、サングラスのAV監督がいた。中野D児さんだ。一方でレコードやプラモデルのコレクターとしてもしばしばマスコミに取り上げられた。今どうしているのか。

「『あの人は今』? よくオレの名前が出てきたね。ここに引っ越してきて5年。カネはないけど、元気にしてるよ」

 JR津田沼駅からタクシーで10分の自宅アパートを訪ねると、苦笑しながら中野さんが迎えてくれた。

「六本木のレストランで深夜担当のウエーターやってるんだ。夕方に家を出て、朝に帰ってくる。仕事で都心に向かうサラリーマンとは真逆の生活だね」

 ってことは、エロ系はなし?

「ヤル気は満々、オファーがあればいつでもオッケェなんだけど、世代交代もあって、声が掛かんないんだよ。ただ、緊縛ライブを年に何回かやってて、今年2月には市谷でピンク女優の樹花凛チャンをモデルに撮影会を開いたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  5. 5

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  6. 6

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  7. 7

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  8. 8

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

  9. 9

    過去にも関与…自民「ネトウヨ冊子」ネタ元は身内の可能性

  10. 10

    注目のLIXIL株主総会 開始時間「11時」に飛び交う疑問

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る