“フェチの鬼才”中野D児 六本木でウエーターをやっていた

公開日: 更新日:

 1980年代半ばから後半にかけてAV黄金期、業界屈指のSM男優であると同時に“フェチの鬼才”として勇名を馳せた黒ヒゲ、サングラスのAV監督がいた。中野D児さんだ。一方でレコードやプラモデルのコレクターとしてもしばしばマスコミに取り上げられた。今どうしているのか。

「『あの人は今』? よくオレの名前が出てきたね。ここに引っ越してきて5年。カネはないけど、元気にしてるよ」

 JR津田沼駅からタクシーで10分の自宅アパートを訪ねると、苦笑しながら中野さんが迎えてくれた。

「六本木のレストランで深夜担当のウエーターやってるんだ。夕方に家を出て、朝に帰ってくる。仕事で都心に向かうサラリーマンとは真逆の生活だね」

 ってことは、エロ系はなし?

「ヤル気は満々、オファーがあればいつでもオッケェなんだけど、世代交代もあって、声が掛かんないんだよ。ただ、緊縛ライブを年に何回かやってて、今年2月には市谷でピンク女優の樹花凛チャンをモデルに撮影会を開いたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全米ホロリ…おひとりさま高齢女性客が残したチップとメモの想い

  2. 2

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  3. 3

    「報ステ」大越健介キャスター抜擢で…テレ朝から聞こえてきた不協和音

  4. 4

    テレ朝「報ステ」大越健介氏キャスター抜擢で囁かれる“相方”女性キャスターの名前

  5. 5

    開会式トンズラの安倍前首相 日本人メダルラッシュにも沈黙のナゼ

  6. 6

    テレ朝・斎藤ちはるアナのコロナ感染で"TBSのドン・ファン"に再び脚光が…

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    加藤官房長官“ジャラジャラ”手首に目がクギ付け 「何の願掛け?」と記者たちで話題に

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

もっと見る