• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「Nのために」で重圧…榮倉奈々のために共演者アノ手コノ手

 大ファンだったミステリー作家・湊かなえ原作のドラマ「Nのために」のヒロインを演じることになった榮倉奈々は、「とにかく気合が入りまくりだった」と誰もが証言する。

「クランクイン前は『原作が抜群に面白いから、自分が演じられるか考えると、10年女優をやっている中でも今回がいちばん不安』と、寝付けないほどのプレッシャーを感じていたそうです」(テレビ局関係者)

 実際、榮倉自身も「『Nのために』を大画面で見たくて、65インチのテレビを買ってしまった」と会見で語ったほど、思い入れたっぷりで撮影に臨んでいる。

 そんな榮倉を応援しようと共演陣も一致団結。三浦友和が中心になって、現場で緊張する榮倉をリラックスさせようと「Nのために」ならぬ「奈々のために」作戦を敢行したという。

「小豆島でのロケの時に、窪田正孝くんは合間に榮倉さんが好きな漫画の話題で話し掛けてみたり、モロ師岡さんと即興コントをしたりして榮倉さんを笑わせてましたね。母親役の山本未來さんは、日本と海外の犬の鳴きマネを披露して受けていました」(同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る